エンターテイメントビジネスの発展を目指す

  • © Yojiro Imasaka.

Concept

私たちが目指すもの

エンターテイメントとは


私たちは、エンターテイメントによって日々の活力を得るだけでなく、時に希望や何かに立ち向かう勇気を得ることがあります。

しかし、エンターテイメント業界を取り巻く環境やエンターテイメントビジネスに対する社会的な理解は決して十分なものではありません。


 

エンターテイメント業界全体の発展のために何ができるのか、このテーマを皆様と一緒に考え、実際にアクションを起こしていくために当団体は活動してまいります。

For Business

Thinking Entertainments

マネジメントとクリエイターのよりよい関係性の構築

エンターテイメントコンテンツがより評価される環境づくり

知的財産権の戦略的マネジメント

増加する国際取引における交渉戦略と契約実務

劇的なテクノロジーの発展がエンターテイメントビジネスに与える影響の検証

民間と行政の架け橋の必要性



当団体を通じての意見交換、当団体としての意見発表、シンポジウムや勉強会などを開催しエンターテイメントビジネス全体の発展に必要なアクションを起こしてまいります。

For Creators

Thinking Entertainments

創作活動の環境整備

マネジメントや契約実務のサポート

新たなビジネスモデルに対応するためのサポート

クリエイター自らによるディレクションの必要性とそのサポート



セミナーや勉強会を定期的に開催し、創作活動に必要な知識をお伝えしたり相談に乗る等、クリエイターの皆様をサポートしてまいります。

MEMBER

代表理事のご紹介

小松隼也-Junya Komatsu

長島大野常松法律事務所に所属し、契約交渉や紛争解決を中心に幅広い分野を専門として取り扱う弁護士。アート、ファッション、デザイン、音楽などといった文化産業に関する造詣を活かし、省庁との連携、政策提案や制度設計などといった公的活動にも積極的に取り組む。

石渡広一郎-Hiroichiro Ishiwata

WATARI特許事務所代表弁理士。音楽CD流通会社、芸能事務所での勤務を経て弁理士へ。エンタメ企業での勤務経験を活かしながら、商標、著作権、肖像権等の知財案件に取り組む。

Contact

お問い合わせ先


当法人への
お問い合わせ・ご相談は
こちらのお問い合わせフォームか

info@thinking-entertainments.com
までお願いいたします。

TOPへ